Breezin'

ダメ院生からSE見習いになったオタクのチラ裏

日本ガイシホール 立見席攻略レポ 【Aqours 2nd 名古屋公演】

ラブライブ!サンシャイン!!に真剣なオタクなのでツアー始めの名古屋公演(日本ガイシホール)に遠征した。

ライブはもちろん最高で、色々盛り沢山過ぎて流石巨大コンテンツの資金力と思えた。
その内容レポも時間があれば書きたいなと思ってはいるのだが、今回書くのは会場の座席の話。

背景

今回、最後の一般で奇跡的に立ち見席を勝ち取り、発券してみると整理番号二桁前半。
行けるのは嬉しいが、オルスタライブだと箱によって最前行けるか行けないか際どい番号なので非常に悩ましい。
とりあえずGoogle検索を駆使して日本ガイシホールの立ち見について調べる。

立ち見体験記。@日本ガイシホール - キラキラアイドルに恋をした

見た感じ、1列目にいる人が40-50人ぐらいで2列目が20-30人ぐらいかな。
ガイシの立ち見って、この黄色の範囲だけなんです。それで、白のところが今回のツアーでライトの機材が置かれてたところ。

立ち見は立ち見(なに言うてる?)|TVXQは海~♪

席がある一番後ろの人と同じ高さにたつので、背が高い人の後ろだと見えにくいかも・・。

記事を書いてくれている人はそれなりにいるものの、公演毎に違うらしく情報が不足している...
とりあえず今回の公演で何人入れてるのかだけでも知りたいが、立ち見席当選・着弾報告があまりにも少なく分からない。

ステージちゃんと見えんのか?ダッシュしないと取れないか?オルスタみたく戦場なったら嫌やなあ...
そんなモヤモヤした気持ちを抱えたまま当日を迎えたという背景があったのだった。

他の公演直前の人の少しでも参考になるように、一事例として書き残しておく。

※内部の写真を上げたかったが、係員が場内写真撮影禁止と大声を上げて歩いていたので看板の写真しかないです。真面目なオタクなので。

概要(とりあえずこれだけ読んでおけば良い)

まとめから言う。

  • ダッシュする必要はなかった(つーかマジで事故りそうだからNG)
  • 南北それぞれ80人~100人くらいだったが、最初に入場列にいた組はほぼ最前に入れたと思う(反対側は知らんが)。
    • 30分以上後に入ってきた10人程度がちらほら広いところの2列目に入っていた
  • 基本的に座席最後列から一段上がった通路となる。機材はなかった。よって最前なら視界は最高
    • 公演によって人数とエリアの面積が異なるのだと思う。今回は上の通路が丸々開放されていた。
  • 後方にグレーな荷物置けるスペースあり。
  • 指定席以上にスペースが広いのでガンガン跳べる。

以下に、入場列の前に貼られていた図を示す。
f:id:pulltuas:20170806082555j:plain

今回、通路は全て解放されていたが、座席に合わせて階段がいくつかあるので結構高さに差はある(どこでも前の指定席の人に遮られて見えないということはない)。
一番高い部分のみ(A,Iブロックの後ろ)の解放パターンの場合、余裕持って確保できるのは25人~30人、詰めてもうちょいだろうか。機材があればもう少し減る。

入場~確保まで

上記看板がある所に、立ち見席専用の入場列が作られる。(入口向かって右、通常入場列の隣)
開場時間10分前くらいに拡声器で「立ち見席の方お集まり下さい」とアナウンスが流れる。
アナウンスは回数やってくれないので10分くらい前には近くに行くのが良いだろう。

列は番号関係なしに結構グッチャグチャ。
というか開場時間になっても南北合わせて100人いるか?くらいの人数しか来てねえ。
でも他の人の話を聞く感じ80番までは出てるみたいである。ようわからん。

開場時間ぴったりに指定席入場列の解放と同時に(!)整理番号呼びがスタートする。
※ごっちゃになって最悪衝突事故発生するやろありえねえ、と思った。ここだけが不満。

1秒毎に1番づつ呼ばれていく。ガンガン飛ばされる。早い。
つーか一桁番も十番台も全然来てねえんだけど。

指定席握れたのかオルスタ来たことないのかAqoursちゃんに真剣じゃないのか。理解できない。

とりあえず10番くらい前の番号が呼ばれた際に入口近くに行き、呼ばれると同時に素早く入場する。
番号が飛んでいるのとおざなりな手荷物検査で一人一人の間隔が空いているためあまりダッシュする意味はなく、割りと皆行儀よく歩いて行く。
かと言って寄り道もせず地図通りに番号の振られた階段へ突き進む。

会場の構造がめっちゃ分かりやすく迷うことはない。
「ここが立見です」みたいな表示はなかったが、間違えることはないだろう。
難なく連番で視界の広い一番高い部分のスペースを確保。

20分程度経ち、列の全員入ったかな?というタイミングで周りを見渡しても、まだまだ最前に入れそうな場所がちらほら空いている。
このままだったら音楽毎に移動しても良いなと思っていたが、流石に開演20~10分前くらいになるとゆっくり来た人等で埋まった。
それでもライブハウス最前ではありえないくらい横幅に余裕はあったが。

視界・スペース

ステージもセンターステージもスタンド席同様よく見える。
ダンスフォーメーションの移り変わりが上から全体的に見られる。強い。
後ろに人もいなくて前後のスペースが広かったので跳ねた。楽しい。
最後のしゅかしゅー氏の「一番高い端っこの方まで見えてんだよ!変なことしたら指差すからね!w」のレスはありえん高まった。

係員が何回も後ろを巡回しており、1回「非常時のため通れる幅だけお開け下さい」と注意された。
元々通路を使用しているため、ギチギチになるまで入れるのは消防法的に問題なのかもしれない。
入れる人数は公演によって差があるだろうけど、Aqoursちゃんの運営の場合は横アリ立見然りそんなに詰めないのかもしれん。

荷物を置けるか?座れるか?

指定席と同様に荷物を足元に置いているオタクが多かった。
それくらいスペースに余裕があった。

折りたたみ椅子を持ち込んでいる女性がいた。
床がカーペットかつ視界もあるため、俺含む椅子を持たないオタクも曲間の茶番は座り込んでいた。
立見という名前が意味を為さない快適さ。

また、万が一ギチギチに詰めていたとしても置けるスペースはあった。
後ろがカーテン柵のため、高さ1mくらいの広い段差になっていたのだ。
飲み物やオタク棒を置いてちょいちょい漁っていたが係員には何も言われなかった。
(禁止になる可能性もあるので一応グレーで。登ったりするなどやり過ぎないように。)

総括

個人的に狭い指定席より人権がある席だった。
一般でこの席を引けたのは本当に運が良かった。

公演によって構成が変わるとは思うが、日本ガイシホール攻略法として少しでも参考になると嬉しい。