読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Breezin'

ダメ院生からSE見習いになったオタクのチラ裏

酔った勢いで大人のジョークグッズを買って失敗した話

雑記

成人向け記事(一応警告)。
レビューだけが読みたい人は3章まで飛ばして欲しい。


最近下書きが溜まり過ぎてつらい。
トピックに一貫性がなさすぎていい感じにチラ裏の様相を呈してきた。

1. 出会い

本日は楽しい楽しい突発オタク飲み会があった。
終わった後、2次会の買い物のためゲラゲラ笑いながら繁華街近くのDQNホーテに向かったのだが、そこで久しぶりにあるブツに出会うことになる。

オナホール
そう、大人のジョークグッズである。

2年前に引っ越した際に手持ちのブツは全て捨てていたので、それ以降ご無沙汰していたのだが、本日は酒の勢いもあって買ってしまった。
私が店頭に並ぶ無数の穴の中から選び出した娘はET-122 ダブルスであった。


店のアダルトコーナーにあってネットでレビューを参考にできるはずもなく、一番可愛いパッケージと値段(2000円)による判断である。
唯一機能的に惹かれた点はダブルスパイラル構造なる構造である。

なんでも両側に穴がそれぞれ開いており、それぞれ内部構造とキツさが違うらしい。
なんや!1粒で2度美味しいやんけ!万が一合わなくても反対側使えばいいじゃん!

その安易な判断が後の後悔を生むことになるとは、この時の私は知る由もなかった。

2. 準備

2次会会場となった部室を早めに抜け出し、期待もあらわに帰宅した私は、早速彼女を丁重に開封し、準備に取り掛かった。

ゴム臭を消し、人肌に温めるためにお湯でゆっくりと洗浄を行った。
終わった後即一緒に洗えるように、風呂の準備をした。

数年ぶりの最高の体験が待ち受けているぞと、期待は否が応にも高まっていった。

パートナーには恋×シンアイ彼女姫野星奏ちゃんを選んだ。
シナリオについてネットで一騒動あった作品だが、私の中でシコ材としては何十回何百回使っても飽きない安定感のある選手だ。
キャラデザから性格から声からグラフィックまでとにかくドストライクなのだ。クッソ推せる。

 

f:id:pulltuas:20161211011234p:plain

引用:Us:track

 

3. 初夜

お気に入りのシーンで気分を高め、付属のローションを適度につけた私は早速小さい穴に忍び込んだ。

ファーストインプレッションは
・入り口がめちゃめちゃキツい割に中そんなにキツくなくね?
・は?短くね?ここで終わり?
・バキューム感全くなくね?

正直期待外れだった。
私の愚息は大きい方ではない。平均を割っていると自覚している。
それなのに根本まで到達しない。
無理矢理押し広げてる感がすごい割には、中のヒダもあまり感触がない。
何よりがっかりしたのが、空気が全く抜けず、吸い付く感覚が殆どなかったことだ。

いやいや、落ち込むのは早い。反対側はもっと気持ちいいかもしれない...
そうポジティブに考え、反対側の大きい穴に忍び込んだ。


入り口が少し緩いだけで内部感触も長さも全然変わらんやんけぇ~~~!!!!!(怒)(怒)(怒)


決して詐欺ではない。実際断面図は全然異なっているのだ。
問題は柔らかく弱すぎる素材にあるっぽい。

これはこれで右手と別の感覚がするし、リアルのゆるい穴よりは全然気持ちいいやん...
そう自分を無理矢理納得させてガシガシと終わりに向けて速度を上げていった。

終わりとともに変な感触がした。
その直後、愚息と白い孫達が反対側の穴から頭を出した。

何が起こったか理解するのに数秒を要した。
そう、刺激によって穴が空き、非貫通型が貫通型になってしまった。
姉妹の穴が内部で繋がってしまったのである。

怒りを通り越して笑えてきた。
そんなに強くやってねーのにどんだけ弱いんだよこの素材...

失意のまま風呂場で洗っていると、よく見たら外皮の弱い部分にも穴が開きそうになっている。
いやそれはねーよマジで。

笑いながら風呂から上がり、初めてネットでレビューを確認した。(上のリンク参照)

ナニを挿入した瞬間、非貫通なのに貫通型に変わった
真ん中あたりからなぜか破けて、妹と姉が合体した

これは最初から初回処女膜付き貫通型ダブルスオナホだと考えるんだ

笑った。言わずもがなでした。
「この商品は現在お取り扱いできません。」が何を意味するのか...


4. 結論

・ゴムが柔らかすぎるブツや薄そうなブツは買ってはいけない
・変な機能やパッケージに釣られると痛い目を見る

あと、
・レビューを見ずに勢いで安物を買ってはいけない(戒め)

 

以上、オナホで失敗した惨めなオタクの話でした。
ケツの切り身みたいな高い娘を可愛がっているオタクが周りに何人かいるので、金ができたらぜひ彼らに教えを請いたい。