Breezin'

ダメ院生からSE見習いになったオタクのチラ裏

近況

 

論文執筆からの逃避と、現状の整理の意味で久しぶりに書き散らそうと思う。

気づけば1ヶ月が過ぎ去っていた。もう11月も中旬である。
何とか2年間の入院生活から脱出できる希望の光が現実味を持って見えてきた。

この1ヶ月色々なことがあった。


近い身内に不幸があって、人の生と死について本気で考えた。
今も考えてるけど分からん。多分一生分かんねえや。

どこにいるのか分からなくて溺れかけていた研究が、何とか着陸できる兆しを見せた。
今までの予備実験に過ぎなかった進捗が、全て論理構造のパーツとして繋がった。
カンファレンスだのジャーナルだのとは程遠い、ショボいセスナ機の胴体着陸だが、修了試験の答案としての体裁は整えることができると思う。


まあそんなこんなで忙しく、そのせいで書きかけの記事が5個くらい下書きの状態で放置されている。

誰も読んでないチラシの裏なんだから別に本記事くらいの規模の記事ポンポン量産すれば良いと自分でも思うんだけど、中々それが出来ない。

Twitterとか某掲示板への書き込みは何の推敲もなしに書き捨てることができるけど、ブログの記事はある程度の大きさになってまとまらないと公開できない。
何故かと考えてみたが、創作物を未完成状態で人前に晒すのが怖いし恥ずかしいからだ。
短文ツイートは創作物ではないから気軽にできる。(ふぁぼRTに命をかける人々は違うのだろうが)

純粋に好きで書いている絵も、自分の中で人に見せても良いだろうと納得できるレベルまで達することが出来たのは未だに数えるほどしかないし、最近はラフすらもまともに完成させられない。
文章にしろ絵にしろプログラムにしろ表現・実現したいネタは山ほどあるのに、それを完成させて公開できない自分の技術力・忍耐力のなさが憎い。

学生でこんななのに、社会人になったらどうなるんだろう。
打ち込めるものが見つからず、適当に酒で日々のストレスから目を背け、本意ではない忙しさを言い訳に日々過ごすつまらないサラリーマンになるのが怖い。

そうならないためにも、大して面白くない研究に無理矢理打ち込んで楽しんで、今充実していると自分を騙す技術を磨いておかねばと思う。
いつやるのか。今なんだろうな。